どこに何があるかわかる

ついでに冷凍庫も整理しよう

袋に入れて保存しよう

タッパーに食材を入れていると、場所を取るのでたくさん冷蔵庫に入れられなくなってしまいます。
袋に入れれば、狭いスペースでもたくさん保管できるのでおすすめです。
食品を袋に入れて、平らにしてください。
凍っている見た目だけでは、何を作ったのか判断できないかもしれません。
すぐ判断するために、袋に名前を書いておきましょう。

料理だけでなく、肉や魚などを冷凍しておくのも良い方法です。
生鮮食品は、賞味期限が短いです。
しかし安い日に、大量に購入する人が見られます。
肉や魚などの生鮮食品でも、冷凍すれば長持ちするので安心してください。
使いたい時に、解凍すれば大丈夫です。
料理がさらに効率良く進むので、冷凍という方法を駆使しましょう。

冷凍している食品があると便利

残業して遅くなって時などは、料理するのが大変ですよね。
そんな時に冷凍食品があれば、解凍するだけで食べられるのでおすすめです。
時間が空いている時に、冷凍食品を作っておきましょう。
普段の食事だけでなく、お弁当に使うのも良い方法です。
お弁当の冷凍食品を作る際は、最初から小分けにして保存すると良いですね。

食事で使う食品と、お弁当用の食品で分けて保管すると、必要な時に取り出しやすいです。
お弁当の中身を作っていれば、朝は詰めるだけで良いので時間を短縮できます。
朝の時間は忙しいので、少しでも時間を削減できるように努力してください。
お弁当作りの時間がなくなるだけでも、他の準備の時間を長く確保できるのでおすすめです。