どこに何があるかわかる

冷蔵庫の中を整理整頓するだけで家事の効率アップ

使いやすい冷蔵庫を目指そう

適当に冷蔵庫に入れていると、必要な時に場所がわからなくて困ります。 場所を決めたら、そこを買えないでください。 調調味料やお菓子は、カゴの中に入れておきましょう。 すると冷蔵庫内が散らからないので、いつでも整理整頓できます。 ジャンル分けすることがコツです。

省エネにも繋がる良い方法

冷蔵庫に、ものを入れすぎるのはおすすめできません。 中を冷やすために、大きなエネルギーを使用するので電気代が高くなってしまいます。 スペースが空いていると、すこしのエネルギーでも冷蔵庫内を冷やすことができます。 いらないものは、すぐに処分してください。

ついでに冷凍庫も整理しよう

余った食材を、冷凍庫に入れて保管している人が多いでしょう。 食材は袋に入れて、平らな状態にしておきましょう。 すると少ないスペースでもたくさんの食材を冷凍できるので、場所を有効に使えます。 冷凍食品を事前に作っていれば、お弁当を作る時にも活躍します。

どこにあるのかすぐにわかる

カゴを使って、ジャンル分けするのが良い方法です。
ドリンクや調味料などは、専用のかごの中に入れましょう。
するとスッキリして見えるので、すぐにものを取り出せます。
冷蔵庫が汚いと、どこに何があるのかわからなくて料理の時間が無駄に長くなってしまいます。
いつも、綺麗にしておくことを意識しましょう。
カゴに、名前を書くともっとわかりやすくなります。
卵を入れているカゴには、賞味期限も書いて置きましょう。

常に、スペースを開けておくことも大事です。
ものをたくさん詰めていると、それ以上入れられなくなってしまいます。
スペースが空いていると、夕食が余った時に鍋ごと入れられるので便利です。
また、少しスペースを開けている時の方が、冷蔵庫全体が少ない力で冷えるので省エネに繋がると言われています。
ものがたくさんある場合は、本当に必要なものなのか考えて、いらないと感じたら捨ててください。
賞味期限がとっくに過ぎている薬味のチューブなどは、この機会に捨てましょう。

冷凍庫も整理してください。
余った食材を冷凍している人が見られますが、タッパーなどに詰めているとスペースを取るのでおすすめできません。
袋に入れるのが良い方法です。
それなら平らになるので、少ないスペースに並べることができます。
カレーを凍らせたものは、必要な分だけ取り出して解凍しやすいので料理にすぐ使えます。
冷凍食品があれば、料理できない時に助かるのでストックを作っておきましょう。